information

【コラム】ヘアライン研磨とは?特徴や材料について紹介!

【コラム】ヘアライン研磨とは?特徴や材料について紹介!


 金属表面に模様や風合いを付ける研磨技術のヘアライン。この技術は従来のステンレス商品や製品に幅広く使用されています。その技術を応用し、弊社は数多くのバリエーションを独自開発してきました。現在では建築材料の仕上げ材としても多く使われる手法へと確立しました。
 今回は、このヘアライン研磨の特徴・バリエーション(模様・風合い)・材料についてピックアップし解説していきます。

ヘアライン研磨とは

 ヘアライン(HL)研磨とは、単一方向に細い線状の傷を付け、様々な模様を施す仕上げの方法です。バイブレーション研磨とは対極に位置しており、均一な模様等を得意とします。名称の由来は、細い線上の傷が髪の毛の様に見えることから来ています。現在では、「クロスヘアライン(CHL)」「ディープヘアライン(DHL)」などの様々な種類が展開されています。
 使用箇所として、主に外壁・内壁・サッシ・建具・家具・エレベーター部材・腕時計へと用いられることや、建物の顔となるエントランスや風除室、待合室などに、高級感を演出するためにも使われています。一般的にステンレスヘアライン・アルミヘアラインという商品でも販売されています。

ゴールド色のヘアライン仕上げ

特徴

 ヘアライン研磨はステンレス(SUS)・鋼・チタン・アルミ・銅・真鍮と幅広く対応できる汎用的な研磨方法です。比較的簡単な研磨方法である為、角パイプ・丸パイプ・アングル・チャンネルなどの型鋼にも施す事ができます。溶接構造で組み上げた加工品等にも後加工で施せるのも特徴です。また、使用する材質や個所、確度が変わることでユニークな表情をお楽しみいただけます。目が細かいものから粗いもの、浅いものから深いものまで自由自在に加工できます。

ヘアライン研磨とは

バリエーション

  ヘアライン研磨は、 サンドベルトのスピードや研磨する粒度、確度を変更することで多くのバリエーション(模様・風合い)を生み出します。
 様々な用途や後処理などを勘案し、掘り込み深さや下地処理、最適なステンレスヘアライン・アルミヘアラインをご選択いただければ、美しい建築部品や什器や機器類が製作できます。

 弊社では、以下のヘアライン研磨仕上げの種類をご用意しています。
・H(ヘアライン/Hairline)
・DH(ディープヘアライン/Deep Hairline)
・CH(クロスヘアライン/Cross Hairline)
・DCH(ディープクロスヘアライン/Deep Cross Hairline)
・CH45(クロスヘアライン45°/Cross Hairline 45° )
 ※ご要望がありましたら確度の変更ができます。
DCH45(ディープクロスヘアライン45° /Deep Cross Hairline 45° )
 ※ご要望がありましたら確度の変更ができます。
・WH(ウッドヘアライン/Wood Hairline)
・F(F目ヘアライン/#4 Hairline)
・FDH(F目ディープヘアライン/#4 Deep Hairline)
・DHV(ディープヘアラインバイブレーション/Deep Hairline Vibration)

また、お客様のイメージに合わせたオリジナル模様も日々開発しています。

アルミニウムへの仕上げ

 アルミニウムは、研磨後にアルマイト処理を行うことで”陽極酸化被膜”を生成させ、腐食を防止します。この処理を施すことでステンレスよりも硬く、傷が付きにくい仕上げにすることができます。

 弊社では、ALSTONE®(アルミストーン)という製品のシリーズを展開しています。石、和紙、布を始めとした天然素材の雰囲気を外観に持ち、洗練された空間を演出する仕上げ材です。アルミ素材に特殊な研磨とアルマイト処理を施す「ALSTONE®(アルミストーン)」は、印刷では模倣することのできない質感を有し、機械によりハンドメイドさながらの仕上がりを精巧に再現します。また、素材特有の性質に加えて耐食性・耐候性・耐摩耗性を備えています。※図1~3は、弊社の人気品番の一部です。
また、ALSTONE®(アルミストーン)の製品の中でALcalm(アルカーム)という抗菌・安全性・高い表面硬度に優れたシリーズもございます。詳しくは、こちらもしくはお問合せ下さい。※図4は、ALcalm品番の一部です。

黒色のヘアライン仕上げを施したアルミパネル
図1 NSKDCH10-HB05
ブラウン色のヘアライン仕上げを施したアルミパネル
2 NSKSCH-NB01
ブラウン色のヘアライン仕上げを施したアルミパネル
3 NSKDCH45-BR04
特殊な抗菌作用のヘアライン仕上げを施したアルミパネル
図4 NSKH-ALcalm

ステンレスへの仕上げ

 ステンレスをキッチンやカウンターなどで使用する場合、見た目が綺麗な「鏡面仕上げ」を選ばれることがあります。その反対に、「ヘアライン研磨仕上げ」は表面に模様を付ける仕上げの為、立体感と存在感を引き立たせるデザインとなります。そのため、”ヘアライン研磨仕上げ以外で出来た傷”を目立ちにくくする効果があり、エレベーターや腕時計などに使用されることが多いです。ただし、研磨目の薄いヘアライン研磨仕上げは、使用する場所によりますが、従来より傷が目立ちます。ご相談時には、使用用途によってスタンダードなヘアラインより、研磨目の深いヘアラインをご提案することもございます。
※溶接構造の加工品やスタッドボルトの溶接品も製作可能です。

 弊社では、 傷のつきにくい特徴の製品や様々なステンレスヘアライン研磨模様を取り揃えています。詳しくは、こちらもしくはお問合せ下さい。

ステンレスのヘアライン仕上げ
SUS NSK-HL
ステンレスのクロスヘアライン仕上げ
SUS NSK-CHL10
ステンレスのクロスヘアライン仕上げ
SUS NSK-CHL
ステンレスのクロスヘアライン仕上げ
SUS NSK-DCHL45

参考リンク

ALSTONE®(アルミストーン)
ALSTONE®(アルミストーン)- ALcalm(アルカーム)
カラーステンレス
ステンレス
伸銅品
製品導入実績

information

新着情報

  • 記事がまだありません。